なるほどよくわかる!目の下の青クマが治らない原因と解消法について

目元に残るあの青クマ。

何でみんなは綺麗な目元をしているのに、私だけこんなにクマができているのだろう。

私だけ…。

特に女性であれば目元のクマが気になるものです。

目元は年齢を表す場所

目元が黒く濁ってクマができていると、実年齢よりも何歳も年上に見られてしまいます。

そんな青クマを解消するべくここでは、青クマの原因をまず知って、その上で効率的に青クマを解消する方法を解説していきます。

 

青クマの原因8つ

ではまずは青クマの原因となる種類から知っていきましょう。

そもそも青クマの原因は血行不良が一番の原因です。

100%に近いぐらい目元の血流が滞留していることで青クマができているのです。

ここでは目元の血液が滞留してしまう原因8つについて解説します。

1.睡眠時間の不足

現代ではブラック企業が問題となっており、その労働時間の長さから睡眠時間を削られてしまうことさえあります。

睡眠時間が足りていないと血管が収縮して血液の巡りが悪くなってしまいます。

さらにしっかりと寝ることができないと、ホルモンの分泌に悪影響が出ることによって血液中に無駄な脂肪分がたまってしまい、サラサラとした巡りやすい血液ではなくドロドロした巡りにくい血液になってしまいます。

 

2.疲労の蓄積

疲労が蓄積してしまうと血管が縮んでしまいます。

血管が縮むと血液の流れを圧迫し、血液の滞留を起こしてしまうのです。

 

3.まばたきの減少

目の潤いを保つためにはまばたきが必要です。
ですがスマートフォンの普及により、画面を凝視する時間が増えまばたきの回数が減っていることも事実です。

まばたきの回数が減ると言う事は、目の周辺の筋肉をずっと緊張させて固定していると言うことです。
筋肉を固定していると筋肉が凝り固まってしまい、血行不良を招いてしまいます。

さらにまばたきの減少はドライアイの原因にもなりますので、目の潤いを保つようにしましょう。

 

4.ストレス

ストレスと血の巡りは、関係ないように思えるかもしれませんが、実は密接な関係があります。

ストレスを受けると自律神経が乱れてしまい、血液がうまく循環しなくなってしまいます。その上、強いストレスを受けた時にはストレスホルモンというのが分泌されるのです。
そのホルモンの影響で血管が収縮してしまい、自律神経の乱れと合わせて血流が滞留してしまいます。

  1. 寝不足
  2. ストレス
  3. 疲労の蓄積

これら3つが合わさるとさらに頑固な青クマになってしまいます。

 

5.喫煙の習慣

喫煙が血管を収縮させるのはご存知の通り。
タバコを吸うことで血管の通り道が狭くなってしまい、血流の滞留を起こしてしまいます。

 

6.低体温・冷え

冷え性の方は血液の巡りが悪いため体が冷えていることは知っていますよね。

体温が低いと血の巡りが非常に悪いのです。
もう少し詳しく言えば体温が低い時は血液がドロドロした状態となっています。

フライパンで肉を焼いたことを想像してください。

肉を焼いている時は脂がサラサラの状態ですが、料理を作り終わった後フライパンを放置しておくと油が冷えてドロドロしていますよね。

人間の血液もそれと同様に冷えると血液がドロドロとしてしまうのです。

※肉の脂を想像してもらったのは人間の血液は動物性脂肪でできているからです。

 

7.乱れた食生活

現代病と言われている生活習慣病の主な原因は食生活です。

乱れた食生活は血行不良を招きます。

例えば脂分の多い食事ばっか劣っていると血液に脂肪分がたまってしまいます。
血液に脂肪分がたまることでドロドロとした血液なってしまい、血流の滞留を招きます。

さらに、血中にたまったコレステロールは血管の壁にくっつきます
それにより血液の通り道を狭くしてしまっているのです。

ドロドロした血液とコレステロールより狭くなった血管。これらが原因で青クマを招いているのです。

 

8.眼精疲労と疲れ目

近年ではスマホの普及により、疲れ目が社会現象となっていると言っても過言ではありません。

眼を酷使することによってピントを調節する毛様体筋という部分が凝り固まってしまいます。

凝り固まってしまえばその部分は血行不良を起こします。

特に目を酷使している方に青クマが多いのはこれが原因です。

 

青クマ以外のクマは?

青クマというぐらいですから他の色は無いのかと思いますよね。

クマの種類には3種類あります。

  1. 血行不良による青クマ
  2. 色素沈着による茶クマ
  3. たるみによる黒クマ

これら3種類のクマがあり、どれか1つのクマの症状が出るのではなく複合して出ることもあります。
そうなると非常に頑固なクマとなってしまいます。

 

なぜクマは青く見えてしまうのか

青クマはなぜ人にバレバレなくらい目元が多くなってしまうのでしょうか。
私たちの体の血流が悪くても体が青紫色になることはありません。

なぜ目元だけ…。

その理由は目元の皮膚はすごく薄く作られているからです。

目元の皮膚はすごく薄くできているので、少しの血流の滞留でも青クマとなって出てしまいます。

目元は年齢を表す

このようによく言いますが、皮膚が薄いためにクマが目立ってしまうことや、小じわができやすいなどという理由があるので、そのように言われているのです。

 

青クマ対策!まずは作らないようにすることが大事

今青クマができているのであれば治すことを先決することが良いでしょう。

ですがそれと同じくらい大切な事は青クマを作らないということも大事です。

青クマを作らなければ目元にクマができることもありません。
ここでは青クマを作らないようにするための生活習慣について説明します。

まずは冷えから守る

冷えは血流滞留の大敵です。

体を冷やしてしまうと上で説明したように血液がドロドロになってしまいます。

冷えから守るには

  • 血液を冷やさないこと
  • 血液を温めること

が重要です。

血液を冷やさない

血液を冷やさないようにすることで一番重要な事は冷たい飲み物を飲み過ぎないということです。

冷たい飲み物を飲みすぎた時には、体の外は厚くても、なぜか体がゾクゾクすることってありますよね。

それに加え、体の内部が冷えていることで血液の流れを悪くするだけでなく、体温調節も難しくなってしまいます。

「目のクマを改善したい」と思うのであれば、冷たい飲み物は極力控え、常温や暖かい飲み物を中心に飲むようにしましょう。

 

血液を温める

血液を温めることにおいて代表的なものといえば暖かいものを飲むことですがそれ以外には、湯船につかることも重要です。

毎日シャワーだけでささっとお風呂を済ましていると、一日の疲れを抱え血液が停滞したまま1日を終えてしまうことになります。
目元の血液が停滞した状態で翌日も生活することでどんどんと血の流れが悪くなってしまいます。

そこで湯船につかると、体全体を暖めることにつながり、その日の血液の停滞をリセットしてあげることができます

毎日の習慣で目元の青クマを簡単に対策することができますよ。

 

パソコンやスマホを控える

パソコンやスマホは眼を凝視するために、目の周辺の筋肉を凝り固まらせてしまいます。

目の周辺の筋肉が凝り固まってしまうことで、血行不良を起こすのです。

さらにパソコンやスマホは疲れ目を招く原因

パソコンやスマホは非常に便利ですがその反面、筋肉を固まらせ疲れ目を招くという負のスパイラルを起こしてしまうツールでもあるのです。

ネット断食という言葉があるように一日スマホを構わない日を作ることも良いでしょう。

それができなければ、極力スマホやパソコンを構うの避けてください。

小さな積み重ねが青クマの対策を成功させる秘訣です。

 

青クマの解消法3つ

ではここからは実際に青クマができてしまっているが、青クマを効率的に解消できるように具体的な解消方法3つについて説明します。

1.血行不良の改善

青クマは血行不良を改善することでほぼ治すことができます。

血行不良の改善は上記でも説明したように、温浴や暖かい飲み物を飲むことを常に意識してください。

さらに目元のマッサージで結構の促進をしてあげてもよいですね。

炭酸水も血行促進に効果あり!

炭酸の成分って何でできているか知っていますか?

炭酸の主成分は二酸化炭素でできているんです。

二酸化炭素の効果として血管の拡張が挙げられます。
炭酸が配合されている洗顔泡を使ってあげることで顔をピンポイントで血行促進をすることができます。

もちろん炭酸を飲むのだって効果がありますよ!その際は常温で。
女優さんが炭酸水を常温で飲むのは美容にも良いからなのです。

2.目元クリームを塗る

目のクマにはアイケアクリームが一番の効果を発揮します。

目元にクリームを塗ることでピンポイントで目のクマにアプローチすることが来ます。

ここでちょっと注意

アイケアクリームと言ってもその効果は様々。

  • 茶クマに効くクリーム
  • 血行促進に効くクリーム
  • たるみに効くクリーム

目元のクマを治すには自分の症状にあったものを選ぶことが大事です。

関連記事>>>>症状別におすすめの目のクマを消すクリームを紹介

 

3.カシスサプリを飲む

目のクマを解消するにはカシスサプリが効果的です。

カシスサプリにはアントシアニンとポリフェノールがふんだんに配合されています。

  • アントシアニンは疲れ目に
  • ポリフェノールはクマの除去につながります。

アントシアニンはブルーベリーではダメなのか?

実はこれはダメなのです。

目のクマを取るにはカシスのエキスでないといけない理由があります。

確かにブルーベリーにもアントシアニンやポリフェノールが含まれています。
ですがカシスが出ないといけない理由は、カシス特有の色素のポリフェノールが血流を促すということがわかっているからです。

ブルーベリーは疲れ目回復に効果的ですが、目のクマを消すことはできません。

カシスはアントシアニンによる疲れ目回復、カシスのポリフェノールによるクマ除去をすることができます。
カシスはこの2つのメリットを生み出すことができるのです。

 

コンシーラーは要注意!

クマができてしまった際には応急処置としてコンシーラーで目元を隠して出かけますよね。

1日2日の事であれば全く問題ありませんが、クマが治らないからと言ってコンシーラーを毎日使い続けると問題が発生します。

それは色素沈着という問題です。

コンシーラーを使うことで、目元に摩擦が起きてしまい色素が沈着してしまいます。
さらに目元の皮膚は非常に薄くできているので、摩擦にも非常に弱いということが挙げられます。

応急処置としてコンシーラーを数日使うのであれば良いのですが、本当に目元のクマを何をしたいのであれば、コンシーラーで隠すのではなく根本から治さないといけません

青クマの場合はカシスサプリ目元クリームが効果的です。

 

青クマの解消法まとめ

ここまで説明してきた青クマ解消法をまとめます。

最強の青クマ解消法

  • 目元の内からカシス
  • 目元の外からクリーム

この組み合わせが、目元の内部からと直接皮膚へのアプローチを同時に行うことができるので非常に効果的です。

カシスサプリに関しては、アントシアニンも含まれているので疲れ目の予防に効果的です。

それにより目の疲れによる血行不良を防ぎ、青クマの対策にもなるのです。
それに加えて青クマを作らない習慣作り。

ぜひ上記の事をあなたの青クマを治すために役立ててください。

 

この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。

青クマを治すための目のクリームの記事はこちら

関連記事>>>>目のクマを消すおすすめのクリームはこれ!クマが治らない原因はココにあり

 

青クマを治すカシスサプリの詳細の記事はこちら
関連記事>>>>⇒次回更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です