今すぐインドへ行きたい!航空券を格安で手に入れる方法

インド行きの格安航空券を探すなら、インターネットを活用することです。誰でも簡単に検索できます。海外旅行の比較サイト、もしくはインドの空港名と成田、を入力して検索すると、格安航空券の一覧を見られるサイトが見つかるはずです。他のそれらしい語を入力して検索しても、見つけられます。そこから出した画面に、搭乗希望日と空港名を入力すると、その日の格安航空券の最安値も出ますし、直行便や乗り継ぎ便の一覧も出ます。空席のある便だけが表示されますので、無駄が省けます。

例えば成田からデリーのインディラガンジー国際空港までだと、直行便は出ているのですが、ANAだけなので、平日でも航空運賃は30万円以上もします。直行便は便利この上ないですし、乗っている時間は10時間程度で済みます。日本の航空会社でなにかと居心地も良いため、利用したいのはやまやまですが、片道30万円以上かかる海外旅行というのは、現実的ではありません。ひと昔前は、他に選択肢がなかったわけですが、現在は違います。格安航空会社の登場で、それ以前に比べたら、破格の安さで空の旅ができることがわかってしまった後ですから、飛行機の旅は安いもの、というイメージを持っている若い人々は多いのです。

乗り継ぎ一回でということなら、38,000円台でインドまで行けます。たいへんに遠い国ですが、国内の遠方への交通費とさほど変わらない金額で、はるか遠くのデリーまで行けるようになりました。時間は16時間近くかかり、直行便より不便ではあるものの、30万円と38,000円なら、迷う場面ではなさそうです。航空会社は、中国の格安航空会社となることが多いです。ANAのようなサービスは期待できません。ピーチのようなサービスもイメージしないほうがいいでしょう。お国柄がありますから、航空会社のサービスや姿勢に一つの価値観を当てはめず、柔軟に受け止めることです。要は、デリーまで安全に低価格で運んでもらえればいいのです。乗り継ぎ便は、1日に数多くの便が出ていますので、

時間帯の選択肢も多いです。成田空港からだけでなく羽田空港からもたくさん出発しています。羽田が使えるというのは、たいへんなメリットでしょう。成田空港へのアクセスも、ずいぶん良くなってはいますが、やはり交通費もかかりますし、時間もそれなりにかかります。すぐ羽田空港から飛び立てるというのは、多くの人にとってメリットが大きいことです。