インド行き格安航空券の最安値を知りたい

インド行き格安航空券の最安値は、インターネットで検索することによって、誰でもすぐ知ることができます。インターネットの検索画面で、東京もしくは日本、デリーもしくはインド、格安航空券、といった言葉を入力すると、海外旅行の比較サイトが見つかります。そのサイトの画面を出し、希望する出発日と出発地、目的地であるインドの都市名を入力します。するとその日の最安値も、便の一覧も出ます。空席がある便だけ出ますから、効率的です。やはり平日のほうが最安値は低いです。休前日や休日の最安値は高めです。

日本からの直行便は3社が運航しています。あいにく格安航空会社はこの路線に参入していません。直行便は成田からデリーに向かう便となり、日本の2社と、ナショナルフラッグキャリアのエアインディアが就航しています。エアインディア社は毎日運航しているわけではありません。週に4回だけとなります。直行便なら、フライト所要時間は、行きが10時間20分ほどで、帰りは7時間50分ほどで済みます。直行便を利用したいのはもちろんですが、日本の航空会社だと30万円以上するので、現実的ではありません。

エアインディアなら休前日でも56,000円ほどで利用できますので、運航している曜日に合わせて、なんとか利用したいものです。機内食などを考えると、日本の航空会社は魅力的ですが、30万円と56,000円ですから、迷うことはなさそうです。直行便ですから、飛行機に乗り込んでしまえば、もう安心です。

最安値は乗り継ぎ便となります。中国の格安航空会社であることが多いです。途中の乗り継ぎの際、手続きのために1時間ほど並んだりすることも必要になりますから、できれば直行便にしたいところですが、航空運賃は休前日でも38,000円台となります。これはかなりの魅力です。この価格なら、はるか遠くのデリーというのは距離上のことで、費用の面ではさほど遠い存在でもなくなります。国内で移動するにも、そこそこ遠方に行く場合は、そのくらいの交通費がかかるものです。とてもデリーまでの交通費とは考えられないほど低価格化が進んでいます。乗り継ぎの不便は相当ありそうですが、十分選択肢の中に入るでしょう。

乗り継ぎ手続きは煩雑ですし、言葉が通じない不安のある外国の航空会社ということでためらう場合もあるでしょうが、やはりそれは費用対効果で選択することです。直行便にするか、決断のしどころです。”