低コストでインドへ行きたいなら格安航空券を手に入れる

LCCの格安航空券を使って乗り継ぎをすれば、日本からインドまで行くことができます。
南インドならクアラルンプール経由便が出ていますし、カルカッタへのバンコク経由便もあります。
関西国際空港・成田空港からバンコクまで行って、そこからカルカッタに行くルートです。カルカッタからは国内線でデリーやムンバイまでの接続があり、飛行機に乗っている合計時間が約9時間程度に抑えられます。

05phbm13便を選べば深夜に着いて途方にくれるということもなく、行くことができます。
あまり馴染みがない国というイメージがあるかもしれませんが、年間20万人以上の日本人が渡航している人気の高い国です。
LCCにはインドの国内線もありますが、国際線も充実しています。
機内食はベジ(ベジタリアン)、ノンベジ(肉OK)に分けられているLCCもあり、いかにもというお国柄があらわれています。もちろんLCCなので機内食は別にオプションをつける必要があります。

欲しい人はオプションをつける、いらない人はつけない、ということで格安航空運賃が成り立っているので、この点は仕方ないです。
航空券を買うときに一緒にオプションをつけておけば、サービスを受けることができます。
機内食の楽しみは何と言っても、日本とは違う食べ物です。それが嫌だという人はつけなければいいだけなので、大手エアラインよりも利用やすいという人もいるかもしれません。

食事の時間になっても無理に起こしてくるようなこともないので、機内でずっと寝ていたいという人も安心です。
フライト時間は9時間〜10時間超とかなり長くなるので、座席でくつろげるようなグッズを持ち込むと楽かもしれません。特に首が痛くなる可能性があるので、首回りを固定できるグッズがあると便利です。

05phbm11機内ではショッピングできる場所もあり、オリジナル商品が売られていることもあります。
安い時期なら、片道7,000円程度で飛べるのがLCCのメリットです。

ここまで安いと逆に不安になるかもしれませんが、機種を少なくしてパイロットのスケジュールを効率化させたり、整備部門の負担を軽くしたりといったことで費用を削減しています。
そして、サービスはオプションになっているのでコストパフォーマンスが良くなっています。
機内ではほぼ寝ているだけなので、特別なサービスはいらない、とにかく安く飛行機に乗りたいという人には、格安航空券を利用するメリットはとても大きいです。航空券を最安値で予約するにはスカイチケットをチェック。

インド行きの格安航空券ならどこがいい?

インド行きの格安航空券なら、最安値は乗り継ぎ便になります。しかしながらフライト時間は直行便でも往路で10時間20分ほどかかり、できれば乗り継ぎ便は避けたいところです。日付にもよりますが、直行便の最安値が休前日でおよそ56,000円で、乗り継ぎ便の最安値がおよそ38,000円というときもあります。値段は乗り継ぎ便のほうが安く、最安値となるわけですが、費用対効果を考えた場合、かなりの遠方への旅となりますので、直行便にするのが最もお得かもしれません。乗り継ぎ便だと、乗り継ぎ手続きのために、経由地で1時間ほど並んで待たなくてはならなかったりします。

経由地に着くまでも、エコノミークラスの狭い座席に座ったままで疲れていますし、そのあとで1時間以上立ちっぱなしで列に並ぶというのは、相当たいへんです。時間が余計にかかるということだけでなく、体力もかなり消耗します。最安値の乗り継ぎ便の航空運賃の1.5倍ほど出すことにはなりますが、直行便のほうがおすすめです。

インドへの直行便は、日本の航空会社2社も毎日運航していますが、格安航空会社ではないため、片道30万円以上します。これではいくら日本の航空会社で使い勝手が良く、機内食も口に合うと言っても、候補に入れることは難しいでしょう。インドで一番の航空会社であるエア・インディア なら、直行便を週4日飛ばしていて、航空運賃はおよそ56,000円です。これはエア・インディアを使うしかないでしょう。格安航空会社ではないにも関わらず、格安航空券とも言える額の航空券を販売しているのですから、非常に好ましいことです。いや、もしかしたら、格安航空会社でなくても、成田からデリーにはこのくらいの価格で十分就航できるのかもしれません。

これが適正価格である可能性もあります。それが誰にでも利用できるかたちで提供されているのですから、おおいに活用したいものです。デリーまで直行便で休前日であっても、およそ56,000円で行けるとあっては、もうデリーは遠い地でもなくなってきていると言えそうです。もはや夢物語ではなく、ちょっとその気になれば気軽に行ける身近な国です。

エア・インディアには、このまま週4日就航し続けてくれることを願いたいものです。常にこうした道が用意されているなら、ヨガの勉強に行きたい人などもそう気構えずに簡単に旅立てます。気候がかなり違いますので、到着時にあまり疲れていないことが望まれます。直行便がおすすめです。

格安航空券でインドへ行く!

異国情緒を味わいたいならば、インドが向いています。日常風景も日本と全く違い、バックパッカーにも人気が高い国です。
年間約20万人もの日本人が訪れていると言われていて、バックパッカー以外にも観光旅行としてこの地を選ぶ人も多いです。
格安航空券を使えば、4万円台で行ける場合もあります。

例えば、LCCでは南インドの主要都市であるコーチに行くことができます。植民地支配されていた歴史があり、イギリス、オランダ、ポルトガルなどの影響を受けた建物が目立ちます。そのほか、海や自然も美しい人気の観光都市です。
そこから電車で2〜3時間で州都に行けるなど、観光地へのアクセスが良好なのがメリットです。

大手の航空会社の就航も多いですが、LCCもたくさん出ています、首都デリーまでは直行便があり、日本から約10時間〜10時間半で行くことができます。ムンバイまでは約9時間半です。
なぜLCCが格安なのかというと、大手エアラインと違って需要や機種に応じて航空機の種類を変えて運行していないからです。できるだけ少ない機材にして、機種を減らすようにしています。
パイロットの免許は、実は機種ごとに与えられています。なので、機種が異なるとほかのパイロットが必要になるなどして、効率的にスケジュールを組めなくなります。

また、機材の種類が少ないほどスペア部品の点数が少なくて済みます。整備部門の仕事もも効率化されて、素早く点検できるようになります。
また、滞在時間を短縮したり、運行回数を増やすことで1回の運行にかかるコストを削減しています。
乗客にとって感じる一番の違いは、機内サービスの有無です。今までは飛行機に乗ればお茶やお水などが当たり前に出てきました。しかし、機内食やお茶のサービスなどは有料になっています。新聞や機内誌なども有料です。これらのサービスが欲しい人はお金を払う、いらない人は払わない、ということで区別して人件費を削減しています。

また、座席間の間隔が狭いので、多くの座席を設けることができるようになっています。持ち込み荷物の重量が20kg超の場合は追加料金がかかるようにして、低コストと収益化に成功しています。

また、自社のWebサイトでチケットを乗客に直接販売させることで、旅行会社に払う手数料を削減しています。インターネットが使えない人はコールセンターに切り替えることができますが、コールセンターを利用するにはお金がかかるようになっています。

インド行き格安航空券の最安値を知りたい

インド行き格安航空券の最安値は、インターネットで検索することによって、誰でもすぐ知ることができます。インターネットの検索画面で、東京もしくは日本、デリーもしくはインド、格安航空券、といった言葉を入力すると、海外旅行の比較サイトが見つかります。そのサイトの画面を出し、希望する出発日と出発地、目的地であるインドの都市名を入力します。するとその日の最安値も、便の一覧も出ます。空席がある便だけ出ますから、効率的です。やはり平日のほうが最安値は低いです。休前日や休日の最安値は高めです。

日本からの直行便は3社が運航しています。あいにく格安航空会社はこの路線に参入していません。直行便は成田からデリーに向かう便となり、日本の2社と、ナショナルフラッグキャリアのエアインディアが就航しています。エアインディア社は毎日運航しているわけではありません。週に4回だけとなります。直行便なら、フライト所要時間は、行きが10時間20分ほどで、帰りは7時間50分ほどで済みます。直行便を利用したいのはもちろんですが、日本の航空会社だと30万円以上するので、現実的ではありません。

エアインディアなら休前日でも56,000円ほどで利用できますので、運航している曜日に合わせて、なんとか利用したいものです。機内食などを考えると、日本の航空会社は魅力的ですが、30万円と56,000円ですから、迷うことはなさそうです。直行便ですから、飛行機に乗り込んでしまえば、もう安心です。

最安値は乗り継ぎ便となります。中国の格安航空会社であることが多いです。途中の乗り継ぎの際、手続きのために1時間ほど並んだりすることも必要になりますから、できれば直行便にしたいところですが、航空運賃は休前日でも38,000円台となります。これはかなりの魅力です。この価格なら、はるか遠くのデリーというのは距離上のことで、費用の面ではさほど遠い存在でもなくなります。国内で移動するにも、そこそこ遠方に行く場合は、そのくらいの交通費がかかるものです。とてもデリーまでの交通費とは考えられないほど低価格化が進んでいます。乗り継ぎの不便は相当ありそうですが、十分選択肢の中に入るでしょう。

乗り継ぎ手続きは煩雑ですし、言葉が通じない不安のある外国の航空会社ということでためらう場合もあるでしょうが、やはりそれは費用対効果で選択することです。直行便にするか、決断のしどころです。”

今すぐインドへ行きたい!航空券を格安で手に入れる方法

インド行きの格安航空券を探すなら、インターネットを活用することです。誰でも簡単に検索できます。海外旅行の比較サイト、もしくはインドの空港名と成田、を入力して検索すると、格安航空券の一覧を見られるサイトが見つかるはずです。他のそれらしい語を入力して検索しても、見つけられます。そこから出した画面に、搭乗希望日と空港名を入力すると、その日の格安航空券の最安値も出ますし、直行便や乗り継ぎ便の一覧も出ます。空席のある便だけが表示されますので、無駄が省けます。

例えば成田からデリーのインディラガンジー国際空港までだと、直行便は出ているのですが、ANAだけなので、平日でも航空運賃は30万円以上もします。直行便は便利この上ないですし、乗っている時間は10時間程度で済みます。日本の航空会社でなにかと居心地も良いため、利用したいのはやまやまですが、片道30万円以上かかる海外旅行というのは、現実的ではありません。ひと昔前は、他に選択肢がなかったわけですが、現在は違います。格安航空会社の登場で、それ以前に比べたら、破格の安さで空の旅ができることがわかってしまった後ですから、飛行機の旅は安いもの、というイメージを持っている若い人々は多いのです。

乗り継ぎ一回でということなら、38,000円台でインドまで行けます。たいへんに遠い国ですが、国内の遠方への交通費とさほど変わらない金額で、はるか遠くのデリーまで行けるようになりました。時間は16時間近くかかり、直行便より不便ではあるものの、30万円と38,000円なら、迷う場面ではなさそうです。航空会社は、中国の格安航空会社となることが多いです。ANAのようなサービスは期待できません。ピーチのようなサービスもイメージしないほうがいいでしょう。お国柄がありますから、航空会社のサービスや姿勢に一つの価値観を当てはめず、柔軟に受け止めることです。要は、デリーまで安全に低価格で運んでもらえればいいのです。乗り継ぎ便は、1日に数多くの便が出ていますので、

時間帯の選択肢も多いです。成田空港からだけでなく羽田空港からもたくさん出発しています。羽田が使えるというのは、たいへんなメリットでしょう。成田空港へのアクセスも、ずいぶん良くなってはいますが、やはり交通費もかかりますし、時間もそれなりにかかります。すぐ羽田空港から飛び立てるというのは、多くの人にとってメリットが大きいことです。